古くからの願いを今に大切に受け継ぐガラスたち

端午の節句は江戸時代の頃から「鯉のぼり」や「兜」が飾られるようになり男の子の成長を願うお祝いの日となっていきました。「鯉のぼり」は中国の故事『登竜門』(鯉が竜門を昇って龍にかわるという伝説から立身出世を願ったもの)にちなんで始められました。フォーカートのガラスたちは、このような古くからの願いを今に大切に受け継いでいます。

端午の節句飾り

30商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
30商品 1-30表示
  • <
  • 1
  • >
30商品 1-30表示
  • < Prev
  • Next >